はじめのいーっぽっ❗️(絵野碧月)


2019年、目に見えぬ敵の影もまだなかった8月のある日
見つけた「劇団員募集」楽しく演じてゆく…

「私にも出来るだろうか」「若い人ばかりだろうな」「初心者だし」「クセあるし」「断られるだろうな」色んなことが頭をよぎり一晩置いた「いや、やっぱり演じてみたい」「一からやってみたいな」「ダメで元々だ聞くだけ聞いてみよう」勇気を出して問い合わせてみた「年齢的にも対象外だったら遠慮なく言って下さい」

年齢も経験も関係ないけれど演技に関しての本気度がどのくらいか…「生活環境的に制限はあるけれどやるからには本気でやって行きたい」それが私の潔との最初の出会いでした。

あれからもうすぐ2年です。

私の人生の中で『潔-ISAGI-』と言うカテゴリーが加わりみんなとやってみたいこと、演じてみたい役など色んなビジョンが浮かんで楽しみが増えましたし、何よりも自虐的なエイハラ(エイジハラスメント)ネタにも笑ってくれるような温かくて個性溢れる楽しい仲間に出会えたことが本当に嬉しい(^^♪

活動スタートしてから程無くして生活習慣が大きく変わって行きましたが、出来ることやりたいことをみんなで考え挑戦してきました。
苦渋の決断で延期した旗揚げ公演。でも前を向いて進んできました。

メンバーのみんな
急遽出演してくださる客演の皆さん
応援に来てくれるスタッフの方々
そして自由にさせてくれた我が家族👪
色んな人に支えられていよいよこの日を迎えられます。

潔としてのはじめの一歩

みんなそれぞれのはじめの一歩

私はわたしの「はじめのい~っぽっ」

大きく大きく踏み出して行こう❗️

さあ❗️旗揚げだぁ

5月のテーマについてお知らせ(富井孔)

こんにちは!とみーです。
突然ですが、潔は6月の5、6日に旗揚げ公演、「誘い」を控えております。
初めての公演ということでとてもワクワクしますね!ただいま絶賛準備中です。

ということで5月のテーマは「旗揚げ」にします。それぞれが自由な解釈で旗揚げについて書いていただければと思います!では!

誘惑(鮫島颯斗)

どうも!さめっちこと鮫島颯斗です。

さて、4月のテーマは「誘い」です、公演のタイトルに因んでのチョイスですね。

誘いかー、「誘い」とはちょっと違うかもしれませんがやっぱり生きていると色々と「誘惑」がありますよね。

大人になって子供の頃と比べて圧倒的に金銭的にも時間的にも余裕ができたこともあって色々な誘惑に耐えられず浪費してしまったり熱中してしまったり...笑

でもその「誘惑」に負けたからこそ教訓になるわけで次からは気をつけよう、次はこうしようと思いますよね!

特に僕自身、流されやすい性格なので度々、「誘惑」に負けてしまうことはありますがその失敗経験が人を大人にしていくのだと思いますね。

とにかく、若いうちに沢山、失敗して立派な大人になりたいなと思う今日この頃です。

失敗しても1年前の自分より成長していたい、半年前の自分より成長していたい、1ヶ月前の自分より成長していたい。

人間誰しも不老不死じゃありませんから今ある時間を大切に生きましょうね!

それと6月5日、6月6日は我々、潔の旗揚げ公演を行います!Twitterなどに情報が載っているので興味ある方は是非来てください!

以上さめっちこと鮫島颯斗でした!

私は訪問しに行きます(湯前冴里)


4月の湯前です🌷

公演まであと2ヶ月を切りました、4月のテーマは「誘い」
6月の旗揚げ公演タイトルです。


元々2020年に旗揚げしようとしていた作品とは全くの別物。
りっちゃんと電話で話していた時に、お家に「訪問者」が来た。と何気なく話してくれたりっちゃんの体験談が元になっています。

とあるアパートの一室に様々な訪問者が訪ねてくるお話になっているのですが、勿論今回のキャラクターの中にりっちゃんが体験した「訪問者」のモデルもいます。
※あくまでもモデルなので、実際とは異なります。

タイトルの「誘い」もりっちゃんが付けてくれたタイトル。
読み方は「いざない」
元々は私とりっちゃんでやった8月のショートムービー「訪問者」で出てきたタイトル案の中の1つでした。


だからこそ、りっちゃんと一緒に旗揚げしたかったけれど致し方ないですね、こればっかりは。
でも退団ではなく活動休止なのでいつかりっちゃんが戻ってきた時、本当の意味で旗揚げだと私は思っています。

コロナ禍になって急に環境が変わって離れていった仲間もいます。
でも離れて行ったメンバーも居たからこそ、今の潔-ISAGI-がある訳です。
そんな大変な時を共に過ごしてくれた今居るメンバーには本当に感謝しかありません。
有難う。


こんな真面目に書いてますが、「誘い」の作品自体は不真面目は訳ではないですが、真面目でも無いような…🤔
「意味」がどうこうより、何かしら楽しんでもらえたら良いな、と。
意味は逆に私が教えて欲しいですね、見た方々がどういう意味だと思ったのか。
作品てお客様が居て完成すると思っているので、是非皆で作品を作りましょう!



6月5日、6日
APOCシアターです!

潔のショートムービー「放電」を見た方は何となく分かるかと思いますが、分岐のあるお話になっています。
お客様の投票でエンディングが変わります。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。



潔-ISAGI- 湯前冴里

誘って誘われて(富井孔)

こんにちわぁー!とみーでぇーーーす!

ちょっとあいさつでメンバーのさめっち感を出してみました。こんな感じのノリですよね。ついついさめっちの元気なテンションに誘われてしまいました。

そうです。今月のテーマは「誘い」です。この世の中を生きていると様々な誘いが私たちを取り巻いています。お腹が空いた時にちょうど現れるご飯屋さんや、コンビニ。暇だなぁと思っていた時にくる友達からの連絡。お金が入ってきたときに限ってやってくる購買意欲…

私たちはよく「誘われて」いますが、よくよく考えると、誘いを誘っているのは私たちの気持ちなのかもしれません。例えば、普段は気にしないご飯屋さんやコンビニを、お腹が空いたという気持ちが、目立たせている。普段は気付かないかもしれない友達からの連絡を暇という気持ちから気づいて即レスする。お金が入って贅沢したいという気持ちから購買意欲が湧いてくる。というふうに考えられます。つまり私たちは色々な誘われているつもりが、自ら近づいていっているということなのでは…

なんだか「誘う」とか「誘われる」とか頭がごちゃごちゃになってきました。

何か行動する時に「誘う」「誘われる」という概念で考えると、そこには自分の意思がなく、気持ちや状況に流されている感じがしませんか?ということで、私は自信をもって生きるために、何かをする時は「私がそう決めたんだ!」と思うようにしたいと思います!

ということで頭を使ってお腹が空いたので家にあったお菓子を食べます。これはお菓子の誘惑されたわけでも、お腹が空いたという気持ちに引っ張られるわけでもなく、自分がを菓子を食べるんだ!という意思をもって食べます。ちょっとした違いですけど、意外と大事だと思いませんか?

プロフィール

gekidanisagi

Author:gekidanisagi
2019年10月より東京で活動している劇団です。
ここでは月毎のテーマについてメンバーが自由気ままに思いを綴っていきます。メンバーの個性が見える不定期更新なブログです。

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR