もしもな世界(絵野碧月)

まもなく12月です。なんだか12月ってワクワクすることも多いけれど、そわそわ落ち着かない絵野です。

今年は世界中が混乱に見舞われた年ではありますが、人類はこれまでも様々な困難に対応し進んできたのです。これからも前へ前へ…

さ、前に進んできた我々潔の今年〆のブログテーマは…「もしも映画スターだったら」にしたよ。
まさかの「もしも」シリーズ∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…

洋画や邦画問わず大好きな作品、気になる作品に自分が出演していたらどんな役?
憧れの俳優のあの役?それとも、自分とは真逆の性格なあの役?
また、完全オリジナルなストーリーでも大いに結構!

空想の世界を思いっきり出してみてほしいなと思っています(^▽^)/
想像力爆発で!現実的な問題、価値観度外視で!いってみよー!

(あ、絶対に「誰だよーこのテーマにしたやつー」っていう人いるなっフッフッフッ)

皆さん、楽しみに待っていてくださいねー♪
スポンサーサイト



「芋煮な秋」(梅津敬一郎)

寒い日が多くなってきました。
季節のうつろいがなんだか今年は早く感じます。
こんにちは、梅津です。

今回の自分語りは食いもんの話で。

皆さんがそれぞれに「ふるさと」あるいは「心のふるさと」があると思いますが、皆さんそれぞれの「ふるさとの味」はなんでしょうか?
特に今は秋。秋といえば「食欲の秋」ですもんね。

僕の場合は「芋煮」です!

僕は出身が山形県。

最上川の河川敷での「芋煮会」。
山形県民にとってはまさしく「秋の食・行楽」の代表格そのものでございます。

僕の産まれた県南部では「牛肉と醤油の芋煮」がド定番。もう生まれつきDNAがマルジュウ醤油と米沢牛でできているんですね。

ローカル民の間では我らが「牛肉・醤油の芋煮」と、県北や他県で食べられている「豚肉・味噌の芋煮」との「どっちが正しい芋煮なのか戦争」がずっと続いております。

えー、地元にいた頃は「豚肉の味噌味? それって・・・里芋の入った豚汁だべ?」と思っておりました。
ショベルカーで6mの大鍋から芋煮をすくう『日本一の芋煮会』だって「牛肉・醤油」だし!
(※今年は諸般の事情に配慮して「ドライブスルーによるテイクアウトオンリー」らしいです)

今現在はいい歳になったからなのか、いや故郷を長く離れているせいなのか「どっちも美味えし、どっちでもいいべー」と思うようになりました。

鍋に赤とんぼがダイブしてきたっけな。最上川の河原の石ころに座って食べるんだけどお尻が痛いんだよ。とってもとっても地味な河川敷の風景。
どれもがノスタルジックな思い出です。

最近は芋煮の残り汁にカレーを入れてカレーうどんにするみたい。自分が地元にいた頃はそんな文化なかったぞ、と。進化してんだなー。

いいなー! 久しぶりに帰りたいなー! 山形の秋!

以上、秋のふるさと語り。失礼いたしました。

「夏至〜冬至、肌感覚では3ヶ月くらいしかない」稲田彰子


 幼いときから童謡の「ちいさい秋みつけた」が大好きなので、もうその時点でわたしの感性は揺るぎなかったんだなと思います。三つ子の魂百まで。秋が大好き、稲田彰子です。


 ○○な秋、というのは「スポーツの秋」とか「読書の秋」とかのことかな? として話をすすめるのですが、わたしは「読書の秋」派です(わたしには運動ができた過去は存在しません)。最近は、今まで弱かったジャンルことSF強化中で、タイトルを知っているばかりで読んでいなかったものを端から読んでいます。

 いまは『わたしを離さないで』を読んでいるところなのですが、あまりにも良すぎて出会う人間全員に「良すぎる」と伝えて回りたい。
 良すぎる……。美しすぎる……。ノーベル賞受賞……。著者のカズオイシグロのノーベル賞受賞時の選考理由読んで感無量になってしまい(良すぎるので検索してください)、わたしはここからカズオイシグロを総ナメにかかりたいと思います。
 『わたしを離さないで』は語り手が昔話をするていで物語が進んでいくので、基本的には懐古がただようストーリーですが、それが恵みと思いやりにあふれた懐古で美しい。


 わたしは夏至と冬至が大好きなので、そろそろ冬至である秋がとても楽しみです。夜が長い季節、ちょっと落ち込んだときに小豆を煮るのが好きで、夜中に煮て朝早くに漉して餡子(粒あん派の方はおこらないでください)にします。砂糖を入れてからが焦げ付きの可能性が急上昇しておそろしいし、粘度が増すにつれ跳ねるのでおそろしいですが、できあがったときの満足感があってよいです。
 100gくらいの小豆で、消費しきれるのだろうかと不安になるくらい作れます。漉してその量になるので、粒あん派の場合はもっとできるんじゃないかな。

 よい秋をお過ごしください。

成長の秋(富井孔)

こんにちは、とみーです。秋になると気温が下がり、肌寒くなることも多く、風邪をひかないか心配ですね。皆さんも体調には十分お気をつけください。

気温が下がることに伴って、秋になると多くの植物や動物の活動は鈍くなります。枯れて、種をつくって次の春に備える植物があったり、卵を産んでその一生を終える虫があったり… そういった生き物たちにとっては寂しさと、未来への希望を感じる時期なのかもしれません。

では、人間はどうでしょう。ちょっとした切なさを感じる季節であることはあるかもしれませんが、私は秋は人間にとっては成長の季節だと思います。涼しくなり、行動しやすくなり、新しいことを始めたり、運動に打ち込んだりしやすく、今までの自分から一歩レベルアップするチャンスの時期ではないかと!この時期には私は何か一つ頑張ることを決めて、成長できるように心がけています。今年は趣味の楽器の練習を頑張ろうかな〜 もちろん演技の稽古も頑張ります!

ただ、注意しなくてはならないことは、食欲の秋を実行しすぎて、体が成長しすぎないようにしなくてはいけませんね… 美味しいものは沢山なので節度を守ってたのしみたいです! 

皆さんはどのように秋を過ごしていきますか?冬や新しい年に向けて、一皮むけるようにしていきたいですね!それでは!また来月〜。

ムーンプリズムパワー(絵野碧月)

はいー!満月のように丸々な絵野ですm(_ _)m
私の大好きな「秋」です。秋と言ったら「月🌔」ですよー。
中秋の名月って言うくらいですからね。本当にお月さまが一番綺麗に見えます。
そう私の秋は「お月見の秋」🌾

太陽もパワーがあっていいですよねー。でもまぶしすぎて直視できません。目、やられます!
でも、月はじーっとその姿を見ていられるし、ウサギさんが見えるくらい直視できます。それに満月、下弦の月、新月、上弦の月と色んな姿を見せてくれますし、薄い雲が月にかかると白く大きな光の環「月のかさ、月暈」が見えたり、「光環」という鮮やかな虹色の環が見えたりします。
そんな月を見たときは、ついつい足を止めてじーっと眺めてしまいます。
いつでもその優しい穏やかな光に見守られているような気がします。
それに心の中までも見透かされているような気になります。

たくさんの月にまつわる「月の神秘」…。
満月に出産が多かったり、珊瑚の産卵もあったり、潮の満ち引きなど多々ありますよね。ほんと不思議だなぁ。

そんな絵野は月のパワーを信じていますので、10月31日の満月🌕楽しみにしています。
だって、ブルームーンです❗
一ヶ月のうちに2回満月がやってくるその2回目の満月の事なんですって。いつもよりもパワー大♪

だから、両手をお月さまに向けてたっくさんパワーをもらおうと思っています❗

お月さま大好きな絵野碧月🌙でした‼️

音楽の魅力(東岡里奈)


こんにちは!
りっちゃんです。11月。本格的に寒くなってきましたね。秋が深まり、冬を目前に控えましたが、この季節の移り変わりの季節は不思議となんとも言えない寂しさや切なさを感じてしまいます。                          
そういう時期だからこそ、芸術に触れたくなります。

○○な秋って色々ありますが、今年も「芸術の秋」でしょうか。(定番ですけど)
昨年の秋はよく美術館を訪れました。美術館は基本一人で行くのが好きで、暇を見つけては面白い展示がやってないかネット検索していたものです。
今年はコロナの影響もあって美術館に行くことも減ってしまったのですが、最近は音楽にハマっておりまして、通勤時間や自宅でずっと音楽を聴いています。
毎日、欠かさず聴いているのがジブリのピアノ演奏。ジブリの曲ってどうして人をここまで心を浄化させられた気分にさせるのでしょうか。

生きていて、幸せなことも沢山ありますが、そのぶん悩み事やショックなことも色々あります。心が落ち込んでいる時にふとジブリの曲を聴くと、凄く心が落ち着くんです。
疲れた心を優しく包み込んでくれるような、そんな不思議な力があります。
これ全部、一人の人間(久石譲さん)が作曲されてるのだと思うと本当に素晴らしいですね。
感傷的になりやすい秋だからこそ、もっと深く音楽の素晴らしさを感じられると思います。残り少ない秋ですが、皆さんもぜひ音楽に触れて、心癒されてみては如何でしょうか。

70×70の理想(湯前冴里)


11月10日に産まれた湯前です🍁


今月誕生日なんですよ。
誕生日が近くなると、プレゼント何が良い?とか、何が欲しい?とか聞かれますが、私は「お花」と答えてます。
理由は色々あるのですが、お花が1番嬉しいです。


何歳の誕生日だったか忘れましたが友達に貰ったバラの花を実家の庭に挿し木で植えたら、それ以降毎年花が咲くようになりました。



と、言うことで
今月のテーマは○○の秋。
芸術、スポーツ、食欲、色々ありますが
湯前の秋は「模様替えの秋」ですかね🪑

定期的に部屋の家具の位置を変えてるのですが大体春と秋に模様替えしてる事が多いです。
丁度衣替えの時期なので、出してる服をチェンジする時期なんですよね。

棚やベッドの位置まで全部模様替えしていくので、毎回とんでもない大騒ぎになる。
しかも今回は新しい机が欲しくて!!!
理想は70×70正方形のダイニングテーブル!!!
中々良いのがなくて、自分で作ろうかな🤔とまで考え、ホームセンター巡りをしながら色々見て「あ、このテーブル良いじゃん!」てのを結局見つけたので、お店で確認したら「お取り寄せ商品」でした。
まぁ、お取り寄せでも良いか!と思って納期を聞いたら「12月23日になります」と…。

え?😇
今10月中旬なんだけど?😇
届くのクリスマス頃やん🎄🎅🏻🎄
待てんわ!!!!!

てなったので「ちょっと考えます」て言って、別のお店で別の机を買いました。
70×70ではなく、90×60の机です。
正方形が理想だったんだけど、寸法測って向き考え直して、このサイズになりました。


次はカーテン変えたいな🤔とか思ってて
冬になる前に模様替え終わるかしら…




潔-ISAGI- 湯前冴里

  「静」 (志葉智)


こんにしば。今月の志葉です。
11月になりました。びっくりです。今年はとってもかわいい小鳥のカレンダーを頂いて使っていたので、それがあと1枚しかめくれないと思うと寂しいです。

さて、「〇〇な秋」が今月のテーマでした。
わりと今までのテーマの中でも1番迷ったかも知れません。
悩んだ末、「静かな秋」かな、とふと思いついたので書いてみます。

普段の秋なら食べ歩きや果物狩りに出掛けたり、落語を見に行ったりしているのですが今年はなかなか。何にも考えずに遊ぶことが難しくなりました。一刻も早くあてもなく放浪したいです。
突然現れた変な病が大小色んなものを奪っていくのは悲しくてたまに胸糞が悪くなりますが、今年は今年で静かに楽しみましょう。わたしは最近どんぐりを拾いました。

まあそれは置いといて、今年は夏が終わってすぐ寒くなったのでさては秋お前居なかったのでは······!?と志葉は疑いの目を向けています。来年はわたしのところにもみなさんのところにも、秋がたっぷり来ることを願っています。
どうも。また来月ね。

欲望の秋(鮫島颯斗)

こんにちは!さめっちこと鮫島颯斗です!秋ですね!暑すぎもなく寒すぎもなく程よい季節ですね!!

さて今回のテーマは〇〇な秋です!さぁ〜読書の秋?スポーツの秋?違うんです!

"食欲の秋"です!!いやー私、食べることが大好きです!!お寿司!焼肉!ラーメン!パンケーキ!牛丼!ハンバーガー!全部好きです!!腹八分目なんて存在しません!!常にMAXの腹十分目です!東京は美味しいお店がたくさんあるし、外に出れば手軽なファストフード店やコンビニもある!そりゃ太りますね笑(言い訳)

上京したばかりの頃に比べると体重が20kg近く太ってしまいました!これはやばい!公演までに絞れるかなーと思う今日この頃でございます。

以上お後がよろしいようで。さめっちでした!バイバイ!

プロフィール

gekidanisagi

Author:gekidanisagi
2019年10月より東京で活動している劇団です。
ここでは月毎のテーマについてメンバーが自由気ままに思いを綴っていきます。メンバーの個性が見える不定期更新なブログです。

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR